そば処 きこり

お店のご紹介

石臼挽き 手打ちのこだわり

心に伝わる手打ちの業 芯にしみいる蕎麦の粋

石臼が挽き出す風味と香り。選ばれし”実”へのこだわり。 石臼で挽き、手で打つ。 そば職人としてこだわり続ける心が、本当の美味しいそばづくりの基本です。

自然の恩恵と職人の粋 追分情緒に浸り、蕎麦を食う


素材となるそばの実は、信州浅間山麓(軽井沢、御代田、小諸)産の厳選品。 香り、コシ、風味、喉ごし、すべてそなえた生粋のそば、そばの粋を心ゆくまでお愉しみください。

ご予約について

お電話にてご予約ください
※土日祝日、繁忙期など、ご予約をお受けできない場合がございます。ご了承ください。
TEL:0267-45-1330
■営業時間 11:00~15:00、17:00~20:00
■定休日 毎週火曜日(夏季無休)

お蕎麦について


そばは五大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく含む食品です。血管の弾力を高めたり、血圧降下の働きをしたりするルチンを含んでいることも特長です。

そばの茹で湯がそば湯です。
ビタミンB1、B2、ルチン、タンパク質を豊富に含むそばは、茹でる間に栄養分が溶け出します(水溶性のため)。そば湯で栄養素を補給しましょう。

一鉢、二延し、三包丁

手打ちそばの作業を語呂よく表した言葉です。また、包丁三日、延し三月、木鉢三年、などとも言われるように、手打ちそばの工程の中で一番大事なのは、最初の木鉢での工程だということです。

麺棒を三本使う理由

麺帯をできるだけ長く、大きく、かつ均等な幅、均一な厚さに平らに伸ばすためです。また、均一で、むだがなく正面が乾きにくくなります。このうち方を”江戸流”と言います。


そば職人修業生募集

蕎麦匠 きこりでは、 将来お店を持ちたい、そばの手打ち技術を修得したい、 そんな、そば職人を志す、やる気のある修業生を募集しています。 男子寮完備しています。 詳しくはお電話でお問い合わせください。
TEL:0267-45-1330

きこりで修業した職人のお店です

村田屋 石川県金沢市 076-231-6900
くら 石川県金沢市 076-221-0659
しば野 石川県鶴来町 0761-93-1814
きょうや 福井県福井市 0776-33-1996
みのり 広島県庄原市 0824-74-1128
宮川 石川県金沢市 076-243-2887
みや村 石川県金沢市 076-251-7188
うちぼり 長野県安曇野市 0263-72-8342
史蔵 福岡県八女市 0943-24-2227
りく 群馬県前橋市 027-289-4815

お近くにお越しの際は、ぜひご利用ください。


↑ PAGE TOP